眠くならない花粉症・鼻炎対策

えぞ式すーすー茶の成分は?

花粉症や鼻炎の症状によく効く「えぞ式すーすー茶」。
公式HPに書かれているように「30分」で効果が出るか…は人それぞれなのでなんとも言えませんが、確かに続けて飲むことで確実に鼻通りがよく、不快感がなくなってきてくれるうれしいお茶です♪
(実際、私が飲んだ時は2日目の3杯目くらいで「お?」となりました。他のレビューサイトさんもそんな感じでした~)

でも、中には
「医薬品でもないのに、なぜこんなに効果が高いの?」
「本当に効くのかわからないなぁ…」
などといった不安をお持ちの方もいらっしゃいますよね。
今までずっと鼻のムズムズ・ズルズルに悩まされ、病院に行き続けてもなかなか改善の兆候が見られなかった方からすると、こんな夢のような商品なんて信じられない!という方が多数だと思います…。
そう、この「えぞ式すーすー茶」はそんなお悩みをずっと抱えている皆さまへの「最終兵器」となる商品なのです!

実際の飲みごこちや効果などは人によってさまざま、個人差がありますので、一度試していただくのが一番納得がいく答えが出ると思いますが、
「えぞ式すーすー茶」の何の成分が花粉症・鼻炎の症状に効いているのか、なぜこんなにおすすめできるのかを、あらためてご説明したいと思います。
今、すーすー茶の購入について悩んでいる方がいましたら、ぜひ以下を参考にしてください♪

まず、花粉症・鼻炎が起こるメカニズムとは?
ハウスダストや花粉などの異物が鼻から侵入した際に、それを体外に出そうと”鼻水やくしゃみを誘発させる”「ヒスタミン」という成分が含まれる抗体が作られます。
その「ヒスタミン」を体内に放出し、くしゃみ・鼻水を誘発し異物は排除されるのですが、残念ながらこの「くしゃみ・鼻水」が我々の大敵なんですよね~(笑

そこで登場するのが「えぞ式すーすー茶」です!
このお茶の成分は、主に
・バラ科の甜茶(てんちゃ)
・クマザサ
・赤紫蘇
が使われています。

バラ科の甜茶には、アレルギー反応の元である「ヒスタミン」の放出を抑える効果がある「GODポリフェノール」という成分が含まれています。
ちなみに、この茶の甘みはこのバラ科の甜茶から来ています。甘味成分の「ルブソシド」はなんと砂糖の約70倍以上の甘みが!
これだけでもありがたいのですが、さらにクマザサと赤紫蘇を加えることで、相乗効果が高まりもっと効果を実感できるんです!
クマザサとは、人間がもともと持っている免疫力を、クマザサの強い抗菌力でさらにバランスよく整えてくれる成分です。
クマザサが持っている「クマザサ多糖体」という成分は、人間の細胞と相性がよく、傷ついて痛んだ細胞と結合して、正常なものに修復してくれるんです。
赤紫蘇は「天然のステロイド」といわれており、赤紫蘇に含まれる「ロズマリン酸」というポリフェノールの一種の成分が、花粉症や鼻炎などのグズグズ・ズルズルを軽くします!